2017年4月1日

ゆめりあ通信#04

  • 子どもたちの学習時間と学習内容の明確な変化

    〜小学生の「自主的な学習」が重視される理由〜

    ゆめりあ通信#04

    出典:第5回 学習基本調査(ベネッセ教育総合研究所)
  1. 1

特別限定コンテンツ

 

PDFダウンロード ボタンをクリックするとファイルが開き、ダウンロードすることができます

現在の子供たちの

学習時間はどうなっているのか?

 

これまでに比べると 学習時間は増えている

06年→15年 明確な変化はココ!

勉強時間に対する宿題の時間割合(地域別)

大都市

40.5%

地方都市

56.6%

郡部

70.0%

学校の宿題以外の自主的学習時間は
大都市ほど増加している

与えられた宿題だけではなく
自主的な学習をする頻度が増加

授業で習ったことを自分でもっと詳しく調べる子供が特に増えている

小学生では1990年 35.7%→2015年 72.8%

割合は年々増加し、現在では約2倍になっている

子供たちの勉強に対する取り組みが明確に変化している

彼らに合った的確な勉強方法を与える必要がある=自主的な学習方法の提供